とりあえずやってみなければ分からないと言うことです。(汗)それが疑問です。(汗)そして、TPPの仕組みについてですが、複雑なこともあって画一的な表現では不十分な事に気が付きます。それでは、関税障壁をなくすことで、どのようなメリットがあるのでしょう!?。実は関税と言っても一律にかけられている訳ではないと言えます。その一つ一つを議論しなければいけません。

そんな時間はないと言うことで参加の方向で検討が始まっています。<TPPの参加について>野田政権の前の管政権の時からです。その時から始められていることです。マスコミがTPP参加を支持しているところが国民は引いているのです。(汗)環太平洋の諸国にとっては、どのような価値があるのでしょう!?その事をもう一度考えください。考え直してみましょう。どれが正しくて、どれが間違っているのかと言うことを確認しましょう。

多くの情報から、自分で判断しなければなりませんよ。ひとつ言えるのは農業関連の業界だけが影響を受ける訳ではありません。また、TPPによって、どのような所に影響が出てくるのでしょう。(汗)外国の安い商品が消費者に届けられる事だけを考えると、良いことのように思えます。しかし、話はそんな単純なことではないと言えます。